去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

プログラマは小説家が、を打つ場所に苦心する程にコードに確信を込め

会社で飲み会。
あたしゃ、そういうのに上手くとけ込めないので、なるたけがんがっていこうと思っている。

そんなわけで、ハッスルして、
「24時間365日コンビニな社員でありたいです!!」
といってしまった。


プロジェクトリーダー:「おお」



…い、いや、ここ嗤うところ?

PM:「じゃあ、キミにあの機能もやってもらおうかな」


さて、もうこなったらやけだ。
本当に365日24時間コンビニな派遣社員になってやる!
よりによって、帰りの電車でPMと一緒になった。
「なんですか、あのコード! あきません! あれでは保守時間が構築工数を上回ります。いまから全改修すべきです!」

と、本当のことをいってしまった。

PMもざっくばらんで信頼できそうな人だから、つい私も暴露してしまった。
さすがにPMだからして、安易に決められないわけで慎重で、ちょっと考え込んだが、かなり前向きな姿勢であるようだ。

すとらっつぐらいにまともなフレームワークを作ったるがな!
yaneSDKのノウハウがこっちにはあるんや!(<ちょと畑違い


というわけで、今後、益々わたしは去人の時間を奪われていくのでした。
でも、いいだろうか、わたしは困難な仕事を放棄したことがある。
これはそのとき死んだわたしの弔い合戦だ。
逃げるのは許されないのだ。