読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

面接で落ちた夢

あたしは Sleipnir を愛用している。このたび2.40のβバージョンがでた。

MDIモードが戻ってきた。

ウィンドゥたくさんひらいて、ならべてブラウジングするので、

これがほしかったのだ。Versionが2になってからは、もうなくなってまったのかなぁ

と思ってがっかりしていたのだが、喜ばしいことだ。

次は、お気に入りバーを動くようにできて、ドッキング可能にしてもらおう。

なにやら、フェンリルでは求人してはるので、みんなも、その気もないのに

応募して、Sleipnir を応援しよう。(<あかんって


そんなんで、明日のネットサーフィンも楽しみだなと思って寝たら、

こんな夢をみた。


なぜか、フェンリルに面接にいくことになったらしい。

しかたないので、面接にいく。すると、ただの一軒家ではないか。

張り紙がしてあって、「どうみても、フェンリルです。ありがとうございました」とある。

門の近くには、獰猛ですよといわんばかりにうなり声をあげる、チワワがいる。

うひょー、これがフェンリルなん? 呑み込まれる前に、面接うけよか。


面接で出し抜けに問い。

Q.「Fenrir & Co. でどういうことがしたいか」

A.「Sleipnirのお気に入りバーを動かしたい」


Q.「明確な人生の目標」

A.「考え、行動すること。その結果を直視し、考え、行動する。わたしにとって人生とは、この繰り返しの結果に過ぎない」


Q.「何か1つでも他の人には負けないもの」

A.「辞書を読んでいると快感をおぼえる」


Q.「PHPでの実務経験について」

A.「ない」


ほな、かえってええわ、とのことだったので、帰ることにした。

表のフェンリルは、鎖を引きちぎってどこかへいってしまっていた。