去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

休題

短い間だが、はてなで色々を綴ってきた。
はてなをはじめたとき、漠然とだが計画的に書く事にはしていた。
その計画は成功したか失敗したかはわからない。だけれど、わたしが最近つづっていることは本当に、計画外のことであると考え始めていた。
計画は終えた。だから、ここで一旦筆をおくことを決めた。


わたしは初めから、ここで書く様は多くの誤解を生むことになるのではないかと危惧していた。
しかし、わたしは書く事に正当性があるならばしり込みする様なことはなかった。
ここでの書き様を目の当たりにした方々の中には不信を抱いた方、傷ついた方もおられることだろう。
または、そういった応酬にあったとき、わたしは無関心であるように心がけたし、必要であれば丁寧に断ってから降りる準備もしていた。
降りる機会なんていうのはこの閉鎖的なブログでは一度もなかったことを残念に思うし、自分の計画が自分の中でしか進行していなかったことを思い知った。


わたしが一番苦心したのはこのはてなという性急な決断をせまり、間違いを助長させる機械であった。
批判が攻撃になり、それが必要のない残虐性になっている箇所をみつけることは容易だと思う。わたしはそういった書き様になっていたのを認めながら、今まで書き続けたことに苦い思いでいる。
わたしの目は腐り、乾燥し埃っぽいここの空気で肺は満たされてしまっていたのだ。書くべきことを書く。正当性のない言語の私用をもっと誠実に戒めていかなければならなかった。
現実にはわたしは大文字と小文字の間をいつも目見当で位置をはかっていたし、それは都合のいい位置にしかわたしを置かなかった。それがまた、あの忌まわしい直視しがたいものたちを生み出すことになった。


何かを書くということが、容易である筈がない。そして、無責任に垂れ流すことによってエクリチュールが損なわれるのは拒否しなければならない。
もし、書くことによって誰かに伝達しようとするなら、軽い気持ちで書いてはならない。
はてなのシステムを、螺旋を描きながら落ち込んでいくようなものにしないためにも、ここで何かを書き続ける我々はそのことを心がける必要があるのではないか。


では、次はわたしがまた筆をとる勇気が出たときに。