読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

映画・ベルセルクを見よう

富豪刑事みおわったし、次はベルセルクやな。
映画の3部作みてなかったので、みたかったんだよねえ。

  • 黄金時代篇I 覇王の卵
  • 黄金時代篇II ドルドレイ攻略 (PG12)
  • 黄金時代篇III 降臨 (R15+指定)

わい、14歳だけどちょっと背伸びして R15 とか気にせずにみちゃうもんね。
わい、都会っこっていう設定だし、すすんでるんだよね。

ベルセルク所感

黄金時代篇I 覇王の卵

アニメ版から声優一新なんだねえ。
そしてこの CG である。

黄金時代篇II ドルドレイ攻略 (PG12)

あ、そういえばこういう話だった。思い出した思い出した。
あらやだ、毛が出てるじゃないですか、毛が。

黄金時代篇III 降臨 (R15+指定)

あ、そういえばこういう話だった。思い出した思い出した。
あらやだ、中で出てるじゃないですか、中で。

キャスカもの扱いされて乱暴にされまくる胸 躍る が痛む展開。
アニメ版では穏やかだったからなあ。キャスカをオナホ扱いするのはやめてあげて……

だいぶ見ていたので抑圧していたのだろうか。妖怪大戦争猫娘がいやらしいめにあってるぐらいのイメージに置き換えられていたが、実際はどんよりした気持ちになる話だった。
PENPALS も解散しちゃったしね……(唐突やな)

ばかばかしい男根要素まんさいの英雄譚ですまないのがベルセルクのいいところ。
リビドーが刺激されてなんだか活動的になれる。
個人的にはアニメ版を放映していた 1998 年ごろにはまだインポテンツではなかった気がするし、実際に AIR によってインポテンツ化するまではほんとうにワクワクしていた気がする。

ちなみに、この3部作を一気に見終えた後、
やるせない気持ちになったので、大好きなほのぼのアニメ、東京マグニチュード8.0 をみてしまった。
「あ、やっぱりカタルシスを求めてしまうんだな」
とかおもってより根深い虚脱症状に見舞われた。

頭を切り換えるために自転車で 40 ㎞弱走ってきた。
一呼吸おいてみると、ベルセルクみんなみておきましょうね。
まあ、べつに映画でなくてもいいんだけど、ね。