去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

自転車で百名道:【大分県/熊本県】やまなみハイウェイ【一部走破】

やまなみハイウェイ

大分県から熊本県をまたぐやまなみハイウェイ
2018年にフェリーを使っての九州初遠征で訪れました。
湯平温泉経由でやまなみハイウェイにはいり、ミルクロードに逸れる一部走破ルートです。


アクセスしやすさ:⭐⭐⭐
道路の整備状況 :⭐⭐⭐⭐⭐
走破の難易度  :⭐⭐⭐⭐
補給しやすさ  :⭐⭐⭐
絶景度     :⭐⭐⭐⭐⭐

湯平温泉線からやまなみハイウェイに入り、長者原までの走行データ
f:id:kowasuhito:20190403221433p:plain
長者原からミルクロードの交差点までの走行データ
f:id:kowasuhito:20190403220552p:plain

アクセスしやすさ

熊本側から攻めるにしても、大分側から攻めるにしても駅近くとなっておりますのでアクセスは容易と言えます。
このときはフェリーを使って移動しましたが、早朝着で時間もたっぷりあるなかでゆるゆるサイクリングを楽しめたので日程の余裕があれば有力な選択肢になりそうです。

f:id:kowasuhito:20190403213147p:plain

道路の整備状況

とても綺麗に整備された快走路が続きます。
山道なりの小さな落石、枝等が路肩にありますが、走りづらいと感じることはありませんでした。
後にも紹介するように、やまなみハイウェイの景色は他では味わえないものがあります。(個人の感想です)
快走路を気持ちよく景色を見ながら走るのは格別です。

走破の難易度

キャンプ泊をいれて2日渡って移動したために、疲労限界を感じるほとまで到達しなかった。
今回は湯平温泉経由のルートをとったため、はっきりいって湯平温泉までがじりじりと足を奪う登りが続いた。
湯平温泉でどっぷり湯につかりそこから再開したので、温泉休憩による回復効果による錯覚もあるかもしれない。
あとは長者原まではゆるゆるのぼっていく。
長者原から牧ノ戸峠越えが多少勾配がきついかもしれない。
ただ、やまなみハイウェイの絶景は裏切らないので、ご褒美を期待してがんばりましょう。

f:id:kowasuhito:20190403214834p:plain

補給しやすさ

サイクリングの基本、自販機を見かけたらこまめに水分確保を心がけていれば心配いらない道です。
パーキングの自動販売機でたっぷり水分は補給できました。
観光地もあるので、おやつも堪能できるかもしれません。
アイスクリームをたべてうまうまでした。
とはいえ、コンビニがあるわけでもないので補給食はいつもどおり常備しておきましょう。

絶景度

ありがとう、やまなみハイウェイ
個人的にはしまなみ海道よりも脳汁あふれる景色を堪能できました。

f:id:kowasuhito:20190403213708p:plain

f:id:kowasuhito:20190403214007p:plain

f:id:kowasuhito:20190403214201p:plain

f:id:kowasuhito:20190403214344p:plain

f:id:kowasuhito:20190404221040p:plain

また、別の季節に行ってみたいと思えるすばらしい道でした。