去人たちを作れなくなったうつ病プログラマーの地方生活日記

創作に絶望すると、世界が反転した日記

9月12日(土)

前日の酒が残っている。すこし悪心がある。雑炊やおかゆが食べたいが、オレにはそんな能力はない。料理を作れる人はエラい。
身体は疲れている。だが疲れ切っているわけではない。寝て寝て寝ていると身体は疲れる。動的な回復が必要なタイミングというのは分かっている。でも身体はうごかない。オレはオレによって部屋に軟禁されている。あやですらオレになんども警告をしたものだ。外に出来れば嫌な思いをするけど、わずかな可能性で新しい発見をするかもしれない。その発見も良いものとはかぎらない。むしろ悪いことのほうがおおい。悪いことがないと部屋に籠もる理由がない、それがここ何年かの動機だ。実際、部屋の外に出たあとなら当分、部屋の中に籠もっていられた。困ったことに、オレは外にでると素敵な異性に目移りしてしまう。だれもがオレに興味は持たないが、たまに興味を示してくれる人もいる。オレはゆっくり間をちじめていくが結局最後はオレの本性をしって去って行く。オレの見識は狭い。定員は一人。みんながみんなオレの世界の定員が一人だといって去って行く。オレの問題で定員を二人にすればよいだけなの。つまりそれは、オレが理解できず常態的に予測不可能な世界である。それはオレが怪我しようが死のうがどうでもいい世界とはまったく違う。生まれてきたことに瑕疵があるし、まだ生きていることにも瑕疵があるオレは、他者へ必要以上の奉仕をしてしまう傾向がある。スタートから関係は異常な状態である。この状態で定員メンバーが何を考えているかは予想が難しい。ただ強烈な攻撃に備えて頭を低くしていることしかできない。相手に近づきたいと感じても猛獣と対峙しているかのように何をすることもできない。
f:id:kowasuhito:20200913022148p:plain

日が暮れてサイクリングに出かける。最近は気温もだいぶ下がってきた。湿度もさがってきて景色も遠くまで見通せる。伊花多ヶ浜にいくと夜空がきれい。この気持ちを共感してくれる人はいない。共感してくれる人は必要なのか? たぶん必要なのだ。手鏡をいつも持参して、鏡に向かっていえば良いかもしれない。手鏡の自分と話すことはただ単純に性欲の問題ではないかと思う。必要なのは共感してくれる他者なのだ。性別はなんでもよい。男性でも、女性でも。ただ存在論として、半分性欲の向き先として必要な隣にいる誰かは本当にかけがないのないものだと思う。性的な倒錯はオレにとって替えの効かないものだ。フレディのように執着し固着したグロテスクなフェティシズムが本当に本当に好きで、エロくてエロくてたまらない。

帰ってお風呂に入る。腹はぼよほよしている。胸が垂れ下がってきている。加齢と共に肉体が衰えている。脳みそもそうなんだ。しわしわの手をみて思う。外形的に時間はたったのに、未だに世界の時間はゆっくりゆっくりと進んでいる。自分の脳みそを書き出してぐちゃぐちゃにまぜて戻したらいいのではない。時間ががっつり進んで、肉体に捕らわれない新しい考え方がすんなり受け入れられるかもしれない。オレは筒井康隆の「敵」が好き。十四歳になってからはじめて読んだ本かもしれない。十二歳のときに「敵」をブックオフで買って、あまり気乗りせずずっと放置して、オレは一四歳のときに初めて「敵」を読んだ。十二歳のときに読んでいたら何にも感じなかっただろう。十四歳のオレは「敵」が本当に良い作品だなあと心にしみた。

ハイパーマートでかった半額のお惣菜で晩酌をする。ウイスキー、日本酒、肉、刺身。アルコールで意識レベルが低下していく。朦朧としながら途中にクスリを飲む。すべては後回しだ。自意識がなくなってから一時間程度オレはすこしだけ夜を歩く。罪悪感を覚えながら、気絶する。

9月11日(金)

疲労がとれずお休みをいただく。メンタルの問題ではなくて身体症状。やりたいことをやっていたら、身体が疲れた。それだけ。布団で寝ていると、電話がかかってくる。寝ぼけながら出ると母親である。疎遠な母親から直接電話がかかってくるとなると、ストーリー上、何かが進行するイベントかなと思う。涙声でいう。なかなか本題に入らない。そのまで引っ張るって誰に何があったんよ? 申し訳ないが身内の不幸を現実感をもって対処できない。オレが自閉症的? わからない。だれも診断を下したことはない。どこかの本で読んだ。親しい祖母が病気で死んだときに自分を困らせるために死んだと思ったと。自閉スペクトラムにおいては時間的連続性が失われることがある。病気で死んだことという因果は自明ではないのだ。母親の話をまとめると甥が交通事故で重傷を負ったらしい。細かいことはなにも分かっていないが、オペは終わって命に別状はないとのこと。死ななければ全ては軽傷だ。家族や親族という言葉がその字義を越えて大きな意味があるはずだということを知っている。だけど、オレは体験できない。論理的に理解することもしていない。アリの社会には泣けるのに、オレが所属している家族や親族には泣けない。オレが木の股から生まれたのならこの罪悪感はないのかもしれない。オレの本当の原罪とは人から生まれてしまったことだろう。人に興味があるのに、人が怖くて、人が嫌いで、人で居るのが苦痛で、人でなくなりたいと思う。オレがそれで、オレは死ぬまでそのままでありながら、感覚を鈍らせ、悟性を鈍らせ、理性を鈍らせながら一世紀近く存在するかも知れない。

寝る。寝れば一世紀が過ぎれば良い。重版出来! を見る。編集者とはなにか、と問うところから始まるドラマ。よい問いだ。よい問いから始まるドラマは一気に見てしまう。結論としては編集者とは伴走者である、ということになる。リーダーでもキャプテンでもなく、伴走者。スクラム開発におけるスクラムマスターもそうだと思う。ただそうなら、スクラムマスターという言葉は本当に強すぎる。マスターという言葉はスレーブという言葉を想起させてしまう。スクラムに寄り添う人がスクラムマスターならそれでいい、だが字義的に強すぎる。オレは、スクラムマスターといわず、スクラム伴走者という言葉を使っていこう。

身体も重い、疲れもとれない。だが、このままでは明日は何も変わらない。キモサベに会いたい。何度めかの初恋。今度こそ実らせて、いつもそばに心が許せる存在とともにありたい。キモサベかわいいよ、かわいいよ。好きなキモサベにも会いにいけない。オレはの身体は鉛で出来ていて誰かのためには動かない。オレのためにしか動かない。オレは薄情なんだなあと心底思う。オレは誰かのためになにかをしては絶対にダメなヤツである。じゃあ、せめて病院に行こう。クスリも切れかけてきた。前回の離脱症状はひどかった。今回はクスリを切らさない。
外はまだ暑い。ボトルは氷で満たしてルイボスティーを入れる。病院にいくために小さい山を越えるとしても獲得票高はそこそこ。気温の高さはかなりの障壁になる。久しぶりの運動。汗がとまらない。心拍は異常な上昇をする。1×11ギアでは10%の勾配がきつい。トレーニングをさぼって体重も増加しているのだから当然である。でもここまで顕著にツライという身体症状に結びつくとは。
診察では前回の血液検査の結果をもらう。食木崎先生いわく、超健康。あー、違う違う。その切り分けのために血液検査しただけで、そこに注目してほしいわけじゃない。まあ、精神科よりも内科のほうが医療報酬的には儲かるだろうけど、そういうことじゃなくて。健康ですみません。血液が健康でもオレがこれだけツライということは伝わりにくくなる。そんなつもりないのにかまってちゃんになってもいいんだぜ。吐き気、めまい、頭痛をどうにかしてよ。いよいよ弱音を吐く相手がいなくなった。周囲の人々はメンタルヘルスに理解がある。だから過剰に共感することもない。だが一緒に走ってくれることもない。オレとともに伴走してくれる人はいないのか。
睡眠の質が悪いので眠剤を出してもらう。やめたかったのだけどオレは止められないのだ。でもいい、オレと世界がズレているなら、そのズレを補正するレシピとしてクスリがあっても不思議じゃない。

部屋に戻る。風呂にはいって汗を流す。ごはんをたべて寝る。クスリを飲む。今日こそ熟睡したい。

9月9日(水)

生きていることが不快になった。目が覚めたのは五時。かれこれ床に就いてから一二時間。現実味のある気味の悪い夢が頭の中に残っている。地下駐車場、熟女風の娼婦、モブの視線、夢精をともなわない勃起すら伴わない性的なやりとり。目が覚めたときに自分の陰茎が存在していることを疑ったほどだ。それはただぴょんとしていて、乾いていて粘液もでていない。性的人間としてこれは大いなる気付きである。オレは何かが不十分であるときに、必要十分とは何か?ということを考えられるようになる愚かな生き物だということを。

ウツすぎるわけではない。ただぼんやりしている。そして何かの衝動にかられて仕事を始める。内発的動機といえば聞こえはいい。たぶん、ただしくは代償行為としての仕事をする。精神分析的にはそういう言葉が誰だって好きだし、そういう風に書いてあるのを期待する。あたりまえだ、この時代、わざわざ当たり前のことを書いて何が伝わるというのか。本当か嘘か、それ以前に伝わる温度差があるか、ないか、その差分、デルタ量の話である。笑いもそうだと誰かいっていたではないか。そんなことをいっていた誰かにすごい親近感を覚える。
シデムシ隊のチームビルディングをリードする。リードするのは好きではないが、見本になってみようという気はする。オレがこれまで先人たちを真似てきたように。真似られるというのは生半可なことではない。コピーのコピーが劣化していくようにコピーされる側にとっては手が抜けない。悪意のある誰かが「起承転結」が必要なのだ、という嘘をねじ込んでしまえば、それが真実になってしまうことだってある。いままでは神さまがいた。いまは神さまがいない。コピーされる側もコピーする側もコピー能力が問われる。オレはデリダような態度を取ることはできないと自認している。正しさを担保しない以上、開放性を担保するしかない。相互比較、相互参照、相互議論、相互理解可能な解放された考えのなかで自分のやっているポジションを明言し、その解釈の自由度を受容者に明言するのがオレができることだ。アジャイルスクラム開発のプラクティスもその解釈の幅において自由であることを常に前提として実践するし、問いかけるし、必要に応じて伴走する。サーバント・リーダーシップでもないし、キャプテン的な視線誘導でもない。主体はチームのメンバーにあり、それに寄り添い伴走することだ。結果がどうあれ、彼らが走りやすいことこそを第一義とする。何年も前、フルマラソンを走って思ったのは、伴走者のありがたみである。オレは周りのペースに飲まれて目標記録も達成することはできなかった。断続的に、なぜ走るのか、と問いかける存在で、自分がいまどのようなペースでは知っているかを客観的に知らせてくれる存在、伴走者がいれば結果は変わったかも知れないと思う。たった一つの自我なんて本当にゴミ屑みたいなもので誤った判断に気づくこともできないし、正しいと思ってしまったことについてはとことん正しいと思い込んでします。まったく安全性のない意思決定システムである。

仕事が終わるとそのまま布団に倒れ込み、寝る。

9月7日(月)

いやなことがあると、忘れようとして仕事をしてしまう。そして土日はいつものようにずっと寝ているる。傷口をほじくり返されているみたいな不快感。自分を責めるのは得意。しかも必要以上に責めるのが得意。遺伝的素因、環境的素因がどうあれ、生まれてきてすみません、という無意識の前提は変わらない。誰かに許されようと、認められようと、ある時点において均衡が保たれるだけで、ただそこにいるだけのオレはつねに生まれてきてすみません。力と力で均衡し緊張感を持った水平は、いずれ無秩序になる。エントロピーの法則とはそういうことだ。生まれてきてすみません、でもそれが自然なことなのだからと受け入れるほかない。

今日も仕事に打ち込む。土日で脳細胞は死んでいる。コーヒーを飲んで無理矢理まわす。社内勉強会の資料をもくもくと作っていたがやっとできあがる。成長のための投資ができる環境にいるなんて奇跡だ。もちろん快く思っていない人もいるだろう。でも、今の会社に飼い殺しにされるぐらいなら叱られて解雇されてもいい。いま、会社の価値は社員に成長できる環境を用意できるかである。会社としてはその社員の成長を通じてビジネスを成長させられるかどうか、という基準で採用を進めている。気づきを得てプロセスを変えられるスキル、環境の変化に応じて自分を変えることでチームを成長させることができる人材がもっとも大事だ。正しいことがいくつもある、あるいはほとんどない複雑な現実界において、変化を受け入れられなければ中長期的には価値を生み出せない。
昔までは組織を作る人はハードウェアと考えられていた。与えられたモデルを達成するために高スループットをたたき出す性能が評価された。組織は一種の超精密集積回路を作ろうとしていた。しかし、勝ち筋のモデルがコロコロと変わるようになった現在、人がハードウェアであると仮説検証型のモデルのボトルネックになってきた。そこで人がソフトウェア化が求められるようになる。環境を正しく理解し、柔軟に変わることが出来る人材だ。そのためには自分を「わかる」必要があり、世界を「わかる」必要がある。そして「わかる」ということを「わかる」のはとても難しいという前提を知っていなければならない。オレもよくはからない。ただ存在と時間は分厚いからきっと難しいことがあるんだろうということぐらいは分かっている。
会社の勉強会が終わると一段落。むしろ次は何をやるんだっけ。コードも書かずにこんなことをしていたらまたどやされる。運用保守。運用保守。明日のためにバグフィックス対応の予定をいれて退勤する。

仕事をあがったがやることはない。虚無。生きるのめんどうだなあと思う。あれほど躁気味だったのだ、ウツになってもしかたない。生きてて楽しいことってなにかないのだろうか。頑張って生きてみたら、きっと生きてみたい生きがいみたいのができるんだろうと、のんべんだらりとやってきてもう何年たったろう。ゆっくり首を絞められているみたいだ。強烈に死にたいわけでもなく、ただ生きているのが面倒だなあという程度のけだるさは、あらゆる生命にたいして申し訳なくも思う。オレはほんとうにダメなヤツだと思う。ダメなヤツでも死なないのは、本当にダメなヤツだと思う。そういった後ろ向きの考え自体が作られたものであり、それに洗脳されておるのだ、けしからん、というヤツもいる。お気楽なヤツらである。そんなのは知っている。オレはオレの考えをわかっていない。論理的だとも思わない。生まれてきてすみませんという、あたかも生得的な厭世的パーソナリティを備えておりそれは修正することが不可能だ、ということを、オレは事実誤認だとわかっている。オレにはその誤認が最後の救いで、その誤認を誤認だと認めてしまえばあとはあまりにも人間的で実存的な課題に直面するしかない。寒い夜に「夜と霧」を燃やして暖をとったオレにとっては生きることも死ぬことも何も真剣に考えたくない、やろうとやるまいと死にはしないがやらないと厄介なことになる冬休みの宿題と同じ。オレは夢の中で死ぬときいつも後悔する。

寝る。

9月3日(木)

なんとか起きて風呂にはいる。頭がぼんやりしている。脱衣所で服を脱ぐと年配の男性に声をかけられる。いつもこの時間におられる男性で何度も顔は合わせているが話したことはない。
「昨日の夜遅くにテレビみました?」
最初、どういう趣旨の質問か理解できない。寝ぼけて全裸になり、これから風呂にはいろうというオレになにを聞いてきたのだろう。なんか、テレビで話題になるようなニュースでもあったのだろうか?
「テレビもってないんでわからないですが?」
男性は不満そう。
「六階に住んでいるkowさんですよね?」
相手はオレのことを知っているようだ。ん? オレは察せない。
「夜になるとみんな寝静まってるでしょう。だから音には注意してほしいんですよ」

 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。周辺の部屋に誰も住んでいないのですっかり無頓着になっていたが、窓を開けてるとそりゃあ夜は聞こえるよな。全裸でぷるぷる震える。よりにもよってあんなエッチな動画みてるのバレてるじゃああああああん。いやだあああ。あれだけは人にしられていはいけないんだあああ。エッチすぎる。オレはとにかくしゃにむにあやまる。相手があんな、エッチなのはダメですよ、と突っ込まれるのだけは絶対にいやだ。すみませんすみません、いきててすみません、うまれてきてすみません、エッチですみません。本当にはやいめに指摘していただいてありがとうございます。これが管理人さん経由でしらされるとなったらもう二度とお天道様の下を歩くことはできませんよ。あわわあわわ。穴があったら入りたい。アナルがあったら本当に入りたいぐらいである。ちかくにあるけどさ。いやそうじゃなくて。ごめんなさいごめんなさい、いきててすみません、死にます今に死にます。だからゆるしてゆるして。マジで直接いってくれてありがとうございました。ゴッドです、仏です、神です。ありがとうございます。ありがとうございます。
オレの挙動不審に相手の男性も面食らったようで宥めてくる。ま、まあ気をつけていただければ。わたしもよるはね、気をつけてイヤホンでテレビみてるのですよ。はいはい。わたしもエッチなやつはぜったいにそうします、そうします。エッチなのはいけないですから。ぜいぜい。
その場を逃れて浴室へ。シャワーあびて浴槽へ。溺死したい。いますぐ溺死したい。ここで溺死したい。だが、断る。オレは自分がちょっとどうかしていることに気づいて、あえての座禅である。昨日のヤツはそんなにエッチではないし倒錯度も低かった、大丈夫。無心になるのだ、無心に。ぜいぜい。呼吸がおかしい。オレ、パニックになってるじゃん。のぼせ溺死する可能性に賭けたが溺死はせず、風呂から上がる。着替えて脱衣所に来る。「もう、二度とこの時間に風呂にはこれませんよ~。にこにこ~」といってでる。オレはどうかしている。

嫌なことを忘れようと仕事をはじめる。がむしゃらにやる。すると仕事でもミスする。百パー自分に瑕疵があるミス。バグや手戻りなどの技術的な問題ならなんとも思わないがパーソナリティの面での失敗。ブラックユーモアばっかりいっていたがやはり空気を読んでなかったオレの問題。gonzouさんやにちのさんにも何度もお叱りを受けたヤツ。「今は真面目な話だから」という趣旨の批判である。殊勝を装って反省の弁などを弄してみるが、死にたい、死にたい、自決さえてくれ。同じ失敗を繰り返すって客観的にみても救いようないじゃん。だからさ、救えないなら死ぬか、誰かに殺されるかそれしかないじゃん。頼む、介錯をたのむ。せめて最期はひと思いに苦しまないように。あっ、すみませんすみません、オレなんかが苦しまないで死んでいいわけなかったですよねすみませんすみません、などと謎の弁解をはじめてついに同僚から救急車呼びましょうかと気遣われる。死ぬたい。

仕事が終わる。いつの間にか日が落ちている。落ちきっている。月がでている。狂喜の月だ。
執筆作業をし、クスリをのんで寝る。死んでない。こんなクソみたいどうでもいいことで死んでたまるか。