去人たちを作れなくなったうつ病プログラマーの地方生活日記

創作に絶望すると、世界が反転した日記

9月16日(水)

目覚めると世界が一つになっている。終わっている。この部屋しか世界がない。あやが楽しそうにお手玉をしている。地獄である。一晩ねたというのに異常に高ぶった自意識が沈静化していない。心がざわついている。いらだち、むなしさ、失望がごちゃまぜになっている。Slack で会社を休むことを伝える。抗うつ剤を空腹の胃に流し込む。そしてすぐに布団に横になる。これまでは意識を飛ばすと良くなっていることがほとんどだったのだ。ただ今日はうまくいっていない。たまたまだ。昼になる、空腹で目覚める。冷凍ごはんをあたためて卵かけごはんをたべる。倦怠感、そして死にたい。死にたいだけはめんどくさいのでなんとか回避したかったのだが、ついにここまで進行してきてしまった。ナイヤガラ並に急転直下でメンタルやられたなあ。死にたいや消えたいにどう対処するか。まずはクスリで意識を飛ばして次の世界線では正常にもどっていることに賭ける。実際オレはそれがうまくいく体質だ。嫌なことがあっても次の朝になるとなんとかなっていることが多かった。ただ今回は失敗となった。次にに死ぬふりをすることだ。駅のホームにいってぎりぎりで立ち尽くす、ロープを買って吊り下げてみる、屋上で立ち尽くす。クスリをご飯茶碗一杯にしてみる。でもこれはむずかしい。駅のホームにいったり、ロープを買う気力すらないからだ。自傷という逃避も有効だ。壁に頭を打ち付けたり髪の毛を抜いたり、体中爪でかきむしったり、刃物で自分を傷つけてもよい。死にたい、消えたい時には観念的になっているのでどうして自身に見える傷をつけることでその差異を受容したくなる。いわゆる、リストカットは象徴的な行為である。死にたいや消えたいと思っている具体的な主体が傷つき血を流しているという違和感はまさにロシア・フォルマリズム的な希死念慮自殺念慮の転倒テクニックである。たしかに、「誰か助けて」という発話とは違うメッセージで解釈の幅を必要とする。リスカと「誰か助けて」の発話の差異に死にたい、消えたいの深遠な苦悩が見え隠れする。
オレは眠剤を飲んで眠り続ける。死にたい、どうせいつか死ぬ、退屈で希望もなく、誰にも視線を向けられず、誰にも視線を送ることができない自分は生きている意味がない。もし死ななかったらオレはずっと視線の間隙で肩身が狭い思いで匍匐前進で生きていくしかない。一四歳になってからというもの、いまだに死ぬときは一人だということを真に理解できていない。死に至る経緯を理解して欲しいのか、それとも理解して欲しくないのか? オレの問題はそこがはっきりしていない。理解してもらおうとしたり、拒否したりと行動は一貫していない。これは自己を防御するうえで仕方のないことでもある。自己をさらけ出せば攻撃される、さらけ出すことを極端に恐れると必要な援護を受けられない。援護を受けられないことを八つ当たり的に攻撃性に変換して「いわなくたって分かるでしょう」風の自殺のやり方がある。これは自己陶酔型の自殺攻撃である。ドラクエの世界ではメガンテと呼ばれる。冷静に考えるとメガンテしてしまった人たちはメガンテする必要がないことが多い。想像力が欠如した集団が形成した現代の日本社会において受容されない事が悪という観念こそがどうかしている。逆に受容されるマス側の人たちが人間性を放棄して快楽を享受しているのをみて劣等感を覚え、卑下するのもわからないではない。今の自分が生きづらいから生きるのを放棄しようと思うのも理解できる。スマホを叩き割ろう。LANケーブルを引きちぎろう。どことも繋がっていないこの部屋で叫ぶのだ。「生きててすみません。だけど、お前等ほうがよっぽどそのことを反省すべきだ」。オレが死ななかったポイントはそこだ。オレが間違っていると思っていたがオレは間違っていない。もし間違っていたとしても、それは誰の「間違い」なのか。オレの間違いではない。生きていれば、誰かと出会って孤独の意味を別の解釈にたどり着く可能性があるし、結局は新しい孤独を選べるかもしれない。生きていればうまいモノを食って幸せを感じるかもしれないし、おいしいお酒に出会って誰かとその感動を分かち合えるかもしれない。結局死んでしまえばなかったことになる。でも、たった一人、オレの死に際の満足感は変わる。であれば、オレのためにやるべきだ、オレが死ぬときに愉快になるだろう全てのことを。

目が覚めると二一時。夢のなかでオレは何かを叫んでいた。エクリプスの打ち合わせがあった。心はぼろぼろだが誰かと話せるのはオレを試すこともできるし希望だ。ラーメン大好き河合さんも行方さんもあまり元気はなかったが、なんと人間の声であり、動的で不確定要素がすべてにある。
ファシリテーターをする。誰かにファシリテーターをしてもらいたいと思ったが、誰かの意見を引き出して自分に得するようなことを言ってもらえるのはうれしい。オレは物語のディテールを気にして原案者の行方さんに質問をする。意外だったが、行方さんもプロットをパッションで作ったので未定な部分がそれなりにある。逆にいえば、オレが作ったなら未定の部分しかない。直感的にそうであるべきだ、という回答しかできない。だけど、いろいろと回答が返ってきたので行方さんはかなり詰めて考えていたのだとおもう。
@lice を叱りつけてやりたい。プロットもなく、最終稿をおくりつけるとはなにごとか。しかも意味がよみとれない。なんで、オレたちはお前のオナニーAVっていうマニアックなコンテンツを消費せなあかんのや。
プロット上のキャラクターはすべてが扁平存在である。いっぽうでプロットの方向性がみえてくると、その扁平存在のキャラクターにどのような厚みが必要かがみえてくる。@liceはいう。キャラクターはとはなんなの? システマチックな存在なの? キャラクターが先にあるの? シナリオが先にあるの?
お前だって、楽しくも悲しくも秀逸な卵子精子だったわけじゃないだろう。お前が書いている小説に理由はなんなんだ?

胸が圧迫される。クスリを飲んで寝る。