01月19日(火)

前日は、クスリを飲んだ後少し執筆を続けた。眠くなるまでなにかをかく。思考をアウトプットすると気が楽になる。意味があろうとなかろうと良い。誰に読まれることがなくてもよい。オレ以外に無意味でよい。書き物をしているゆくえさんがきて、少しお話をする。ゆくえさんも体調をくずしてぐったりしているが、雑談にのってくれる。どうしても人と話すのが好きで、お酒をのんでしまう。結果、ふざけをしてしまう。

朝、起きられない。ゆくえさんと楽しく恋バナに話を咲かせたのはよかった。だがまた胃に石塊がつまっている。頭もすこしふんわりしている。酒が抜けきっていないのだろう。最近、オレは誰彼かまわず恋バナをふっているせいで嫌われはじめている。なんだろう、特定の二人がおおむね一緒にいるって、なんか異常だけどおおくのかたがしているのだから、オレにもできるだろうし、その体験を記録にのこしたいのだ。共通のビジョンをもってアクションと決定し遂行するためにはコミュニケーションが必要だ。コミュニケーションもうまい下手がある。とくに地理的に場所を一にする時間がながいと演技的パーソナリティの切り替えも制限されるため、衝突を生みやすいだろう。いやはや、どうやっているものか、ワクワクする。
他人と一緒にいるというのは難しく、チャレンジングなことだ、だから、その挑戦はおもしろそうだ。

体調が優れぬまま、ぎりぎりに布団からでてリモート出社をする。酒がぬけていない。ふわふわしている。ホッシーと雑談をしているとき、そろそろ彼にも伝えておいたほうがいいだろうと休職の話をする。けっこう驚いたようで言葉に詰まったようだっがた、最初に出た言葉は、「自分とのペアプログラミングがよくなかったからってことってなりますかね?」という心配だったのでオレは笑った。そのへんは笹野マネージャーに伝えているし、原因ではないといっているし、ホッシーとのペアプログラミングはたのしいよ。そういうとホッとしたようだった。メンヘラのオレとしてはがっくり肩をおとしたし、いらりいらりともした。休職を予定するにあたって人事の方とも話したが、ただ寄り添って心配してくれる人がいないということだ。正直、オレはお前たちよりも精神医学を学んでいるし、双極性障害2型にたいするアプローチやうつ病にたいするアプローチをよくしっている。記述精神医学的に、現存在分析的に力動学的精神的に。

みんな自分が評価されることに精一杯なのだ。オレは自己評価を気にしたことはない。おかげで、後輩にすら給料は追い抜かれている。オレはお金よりも死にたくないんだ。死にたくない。だからお金にデメリットはあっても生きやすい環境を選択する。環境だけがこの病気の要因ではないが、一つの要因であることについては間違いない。

すべては頭の中で理解できた。だが、オレはメンヘラであった。あんなに性的魅力を感じていたホッシーが、オレにたいする配慮がまったくなく、たんたんとペアプログラミングを進めて行く。ああ、オレってメンヘラなんだなっておもう。面倒くさい人間なんだなっておもう。一言、体調大丈夫ですか?と声をかけてもらいたかったらしいのだ。社交辞令でもいい。とたんにホッシーが憎くなった。かけている黒縁メガネすら憎らしい。ただ、自分のかってな不条理な思いだから我慢しなければと思うが、制御できない。顔を見ているだけで憎らしく感じてしまう。相手への憎悪は自分への嫌悪感として跳ね返ってくる。自分が嫌いになる。端々の言葉にもトゲがでてくる。相手にも伝わって空気がぴりつく。なんの原因もないのに、空気がぴりつくのだ。見えない原因を創ったのはオレだ。オレがイライラしているからそれが相手にも伝染したのだ。

「すみません、体調がわるいので今日のペア作業は早めにあがっていいですか?」とホッシーに伝える。ホッシーもかなり思うところがあるらしく、「そうですね、じゃあ、きょうはここまでで。ほなさいなら」といってビデオ会議を切る。関係とは本当に脆く、あっけないモノだ。切断されたビデオ会議をみながら違う選択肢はなかったのかと思う。オレに主導権があり、コントロールできる範囲もあった。全部、間違った選択をし、間違った方向に進んでいった。オレはバカだ。ベランダから飛び降りよう。固い堅いコンクリートの上で脳漿ぶちまけて死ななければならない。

今のオレは、精神病患者とも人間としてもエンジニアとしてもハンチクでなにをやっても中途半端。

風呂に入って、クスリとお酒を飲む。眠くなるまでブログを執筆する。このブログは人気があって読者もおおいから、誰かによんでもらえているかもしれないとおもうと,嬉しい。はじめと言ってることは違うが、でもうれしい。好きな人も好きだった人も、好きじゃない人も、いつかこのクソブログを読むかもしれないという思いは、オレの死後も永遠に留保される。

抗不安剤を追加でのむ。寝る。