05月26日(水)

身体が重い。動かない。限界の時間。這いずり出す。這いずりだして執務室に向かう。PCの電源を付ける。勤務開始のボタンを押す。
何も変わっていない。繰り返されている。暦だけが進み、オレが棲んでいる世界コンテクストは変わらない。

二度目の休職をして職場に復帰した。復帰した直後に人事部長からかけられた言葉は衝撃であった。

「次、休職するようなことがあれば解雇になると思ってください」

頭が混乱した。
でも簡単な話だ。会社が社則で解雇できる条件を書いているのだ。フルタイムに耐えうる心身の状態であること、ということだ。会社都合による解雇じゃないという根拠となり、オレは離職手当が減額される。ちなみにこれを「通常解雇」というらしい。
お賃金をだして期待する成果物をだしてほしい、だから社員の適正としてそのような条件があるのは当然だろう。はあ、見てなかった。二回目の休職するときに先にいってほしかったけど、復職後にいわれるなんて。まあ、迷惑かけてる身なので文句をいうのも筋違いだが、流れを見る限り会社はオレをお荷物扱いしたことがわかった。直接、口頭で伝えるばでもなく、チャットで一言だ。
会社で働くモチベーションがゼロになった。何も期待されていない。厄介払いしたい社員。
実はそれ以前では、個人的に気に入っているニッチなプロダクトをつくっている会社で気に入っていた。アイソレーションタンクの制御ソフトウェアとかクールで可能性もある。でも、ハードワークに耐えられない人間はノーサンキュー。分からなくもない、資金も潤沢なわけじゃないし、スタートアップとしてバリバリ働いてくれるエンジニアを重宝したいだろう。そういったアドレナリンジャンキーのエンジニアに苦言を呈するのがオレの役目でもあった。今本当にそれをやる必要がありますか? あれより、これを先にやる理由ってなんですか? それより先にやることありますよね? そこの仕様に詰めるぐらいなら他にもっと大きな問題がありますよね? チームを育成しなければ今後このサービスは維持できなくなりますけど、また天才プログラマに頼んでいいんですか?
そんな問いかけをする愚者の賢者役をやっていたオレはどんどん憂鬱になっていた。そういう役回りをやることで組織に「気付き」を提示できるという思い上がりだった。結局、オレも傲慢だったのだ。その傲慢のためにオレは馘首になる。オレの責任。合理的だ。
だけど、正直に言おう。腹が立ってしょうがない。逆恨み、かっとなってやった。合理性はない。だけど、人間とは基本的に合理性のない存在だ。合理的にであるのは、簡単なことじゃないと思う。自分は無力で伝えきれなかった、だから相手を恨む。結局、オレはその程度の小さい人間だ。

オレに与えられているタスクは「窓際社員用」だ。やっても、やらなくてもいい。退屈なタスク。でもなにも進んでいないとマネージャーからどやされる。オレはこの手の作業を「雪かき」と呼んでいる。積もった雪はかき出さなければならない。そこに新しい発見もない、成長もない。ただ必要だからやる。本当に必要なのは、雪かきをしなくてもいようにするには? だけど、その問いを任せてもらえる訳はない。だって馘首間際の社員なのだから。

自分の立場は良くわかっている。崖っぷち。ただ、粛々とタスクをこなせば、昇級も一生ないけど、給与が保証される。正直、これはいうほど悪くない。8時間脳死していれば生きるために必要な金額を補償してくれる。オレはそれをヨシとした。この会社がなくなったら終わりだが、現状ではオーライだ。

与えられたタスクをプログラムで自動化する。あとはまとめサイトをみたり、個人の内職をしたり。おいしい仕事だ。当然、他の優秀なエンジニアはプロダクトの価値向上に貢献している。オレもそうなりたかったなと思う。でも、その感情自体が奴隷根性である。彼らがビジネス的なエンジニアリング活動で価値向上、自身のスキル向上をはかっていることに、なんら焦りを感じる必要はないのだ。
自分が彼らたちのおこぼれに預かる乞食なのはそれでいい。オレにとってはこれでも文句をいうほどの待遇ではないのだ。なにせ、この待遇なら死にはしない。それどころから、余剰資金だっていただける。何を文句をいう必要があろうか。

生きるか、死ぬかは8時間にかかっている。
仕事8時間=脳死時間、睡眠時間=8時間、のこりの8時間をどうするかだ。家事全般をのこして5時間としよう。5時間をどのようにいきるか、それがおれにとっての幸福論の題材になる。いまはまだうまくいっていない。会社を憎悪し、世界を憎悪し、誰彼かまわず八つ当たりすることで心を落ち着けている通り魔みたいな人間だ。

ちなみに、今日の5時間は

  • 自意識を失うまでしこたまお酒飲む
  • 去人たちZEROのスクリプトを修正する
  • 日記を書く
  • 世界を恨む、とても激しく、でも、諦めつつ

だった。

眠剤を飲んだ。寝る。明日こそ良い一日に。
自分のことを最低な人間だと思うが、人に迷惑をかけてないなら、まあ、楽しんだらええ、とみんなが激励してくれる。
(オナニー同様の)日記を書くのは愉しい、何ヶ月がぶりに気付いた今日だった。

01月20日(水)

身体が重い。動かない。限界の時間。這いずり出す。這いずりだして執務室に向かう。PCの電源を付ける。勤務開始のボタンを押す。

ホッシーは元気で笑っている。今日もだるいけどやっていくしかないね、ねっ、という感じである。でも顔は爽やかだ。なにか、前日のことに負い目でも感じているのではないかというぐらいだ。そこはいい。ホッシーがにこやかで、オレそんなにこやかな彼と一緒に仕事ができるならそれに越したことはない。

デイリースタンドアップが終わったあと、個別のチームにわかれてホッシーとオレのビデオ通話になる。オレは体調不良をかくしていう。ガントチャートがどうなっているか教えて、と。するとホッシーは笑顔で応える。笑みさえたたえている。スプレッドシートガントチャートを更新していく。
「このチームでやるタスクは残り一つで、このタスクも今日で終わるでしょう」
ホッシーがいう。これが終わることで、オレの出張理由も終わる。休職はいつでもできるようになる。むちゃをいえば、明日からだってできる。

オレはゲロがでそうになる。前日に飲み過ぎた。二日酔い? 違う、前日に酒を飲んでいないわけではないがいつもにくらべれば少量だ。これは慢性的な胃炎、食道炎に違いない。
「ごめん、ホッシー
 そういうとホッシーは眉間をしかめる。
「オレには午前中に働ける余裕がない。あるいは居たとしてもペアプログラミングのパートーナー賭してパフォーマンスを発揮することはできそうにないんだ。ごめん、午前は有休をとらせてくれないか」
 ホッシーは諦めたような悟ったような表情をする。戸惑っていたのかもしれない。でも即座に返答する。「わかりました。また、午後に。お大事になさってください」
 ビデオ通話を切る。マネージャーに午前休の連絡をする。ホッシーがオレに「お大事に」と言ってくれたのが嬉しい。彼からはあまり聞かれない言葉だ。

 オレは這いずりながら布団に戻る。主虫状のいきものになって布団の上にもどる。寒気と吐き気が襲ってくる。布団を被る。ふっと気を失って起きる。全身汗だくで布団もシーツもビショビショである。オレはただたんんに静かに寝ることもできない。でもそういう生き物だ。
 オレは怒り狂って全裸になり、タオルで全身の汗を拭き取ると新しい肌着に替える。そしてびしょ濡れのシーツと布団を追いやって、適当な毛布だけにくるまってねる。

目が覚めると午後の勤務時間だった。這いずってPCにはいよると勤務時間開始のボタンを押す。
ホッシーとビデオ会議をして作業を進める。午前休作戦は良かったようでオレの体調はよくなっているし、法師の言っていることもよく理解できる。さすがはオレである。休憩のタイミングを心得ている。その作業は16時までにはおわる。素晴らしい。

これが終わったということはオレの一旦の出向理由は完了したということになる。いつでも休職にはいってよい。でも、おれには心残りがある。ホッシーはオレのことをなんだとおもっていたのだろうか? 都合の用意装置、であればよれでよし。でもオレを「人」の分類としてカテゴライズした上で、仕事上の一時的なパートーナーとでも思っているなら、オレには野心がでてくる。まあ、無理だろうけどね。
ホッシーと一緒に仕事できて楽しかったよ」
「わたしもですよ」
 とホッシーはいう。なにも進展しない会話だ。細かな探り合い、悲しい探り合い。
「明日からわたしがいなくなってもいい?」
「うーん、やりたい作業はあるんですが……」
「ふむふむ。オレと一緒にやってもいいけど、チームのナレッジレベルとしてそれでいいのかっていうことかな?」
「おっしゃるとおりです。だけどダメ元でやってみませんか?」
 オレはうなずいていう。
「それをアジャルではなんというかなあ?」
「検証タスク? フィジビリティスタディ?」
「スプリントゼロ。オレはホッシーとスプリントゼロをシテ休職する。最高の休職プロセスだ」

ホッシーは苦笑いを浮かべた。たいした意味はない。なにも発話できなかったのだ、その場において。

オレは事務手続き上の休職を進める。人事に提出する資料。マネージャーとの認識合わせ。
その結果分かることがある。オレはこの会社に所属していない。


仕事、終わりにエクリプスのMTGをする。
河合さんもゆくえさんもオレには頓着しない。それでいい。もう廃人だから。
一方で廃人のわたしをどう扱うかも考えてくれない。廃人は廃人なりにやれといわれる。正しいが正しくない。だれも誰もと愚痴れない。@lice おれはいまこんな泥沼にはまり込んでしまったよ。返事はない、ただの屍のようだ。

ブログを書く。これを描くことが攻撃だから。誰もオレの攻撃に気づいてくれない。だからここだけでも攻撃しなければ。
何度も言う。死ぬのはお前等だ。オレは死なない。死んでしまえ、おまえらよ。オレは死なない。

01月19日(火)

前日は、クスリを飲んだ後少し執筆を続けた。眠くなるまでなにかをかく。思考をアウトプットすると気が楽になる。意味があろうとなかろうと良い。誰に読まれることがなくてもよい。オレ以外に無意味でよい。書き物をしているゆくえさんがきて、少しお話をする。ゆくえさんも体調をくずしてぐったりしているが、雑談にのってくれる。どうしても人と話すのが好きで、お酒をのんでしまう。結果、ふざけをしてしまう。

朝、起きられない。ゆくえさんと楽しく恋バナに話を咲かせたのはよかった。だがまた胃に石塊がつまっている。頭もすこしふんわりしている。酒が抜けきっていないのだろう。最近、オレは誰彼かまわず恋バナをふっているせいで嫌われはじめている。なんだろう、特定の二人がおおむね一緒にいるって、なんか異常だけどおおくのかたがしているのだから、オレにもできるだろうし、その体験を記録にのこしたいのだ。共通のビジョンをもってアクションと決定し遂行するためにはコミュニケーションが必要だ。コミュニケーションもうまい下手がある。とくに地理的に場所を一にする時間がながいと演技的パーソナリティの切り替えも制限されるため、衝突を生みやすいだろう。いやはや、どうやっているものか、ワクワクする。
他人と一緒にいるというのは難しく、チャレンジングなことだ、だから、その挑戦はおもしろそうだ。

体調が優れぬまま、ぎりぎりに布団からでてリモート出社をする。酒がぬけていない。ふわふわしている。ホッシーと雑談をしているとき、そろそろ彼にも伝えておいたほうがいいだろうと休職の話をする。けっこう驚いたようで言葉に詰まったようだっがた、最初に出た言葉は、「自分とのペアプログラミングがよくなかったからってことってなりますかね?」という心配だったのでオレは笑った。そのへんは笹野マネージャーに伝えているし、原因ではないといっているし、ホッシーとのペアプログラミングはたのしいよ。そういうとホッとしたようだった。メンヘラのオレとしてはがっくり肩をおとしたし、いらりいらりともした。休職を予定するにあたって人事の方とも話したが、ただ寄り添って心配してくれる人がいないということだ。正直、オレはお前たちよりも精神医学を学んでいるし、双極性障害2型にたいするアプローチやうつ病にたいするアプローチをよくしっている。記述精神医学的に、現存在分析的に力動学的精神的に。

みんな自分が評価されることに精一杯なのだ。オレは自己評価を気にしたことはない。おかげで、後輩にすら給料は追い抜かれている。オレはお金よりも死にたくないんだ。死にたくない。だからお金にデメリットはあっても生きやすい環境を選択する。環境だけがこの病気の要因ではないが、一つの要因であることについては間違いない。

すべては頭の中で理解できた。だが、オレはメンヘラであった。あんなに性的魅力を感じていたホッシーが、オレにたいする配慮がまったくなく、たんたんとペアプログラミングを進めて行く。ああ、オレってメンヘラなんだなっておもう。面倒くさい人間なんだなっておもう。一言、体調大丈夫ですか?と声をかけてもらいたかったらしいのだ。社交辞令でもいい。とたんにホッシーが憎くなった。かけている黒縁メガネすら憎らしい。ただ、自分のかってな不条理な思いだから我慢しなければと思うが、制御できない。顔を見ているだけで憎らしく感じてしまう。相手への憎悪は自分への嫌悪感として跳ね返ってくる。自分が嫌いになる。端々の言葉にもトゲがでてくる。相手にも伝わって空気がぴりつく。なんの原因もないのに、空気がぴりつくのだ。見えない原因を創ったのはオレだ。オレがイライラしているからそれが相手にも伝染したのだ。

「すみません、体調がわるいので今日のペア作業は早めにあがっていいですか?」とホッシーに伝える。ホッシーもかなり思うところがあるらしく、「そうですね、じゃあ、きょうはここまでで。ほなさいなら」といってビデオ会議を切る。関係とは本当に脆く、あっけないモノだ。切断されたビデオ会議をみながら違う選択肢はなかったのかと思う。オレに主導権があり、コントロールできる範囲もあった。全部、間違った選択をし、間違った方向に進んでいった。オレはバカだ。ベランダから飛び降りよう。固い堅いコンクリートの上で脳漿ぶちまけて死ななければならない。

今のオレは、精神病患者とも人間としてもエンジニアとしてもハンチクでなにをやっても中途半端。

風呂に入って、クスリとお酒を飲む。眠くなるまでブログを執筆する。このブログは人気があって読者もおおいから、誰かによんでもらえているかもしれないとおもうと,嬉しい。はじめと言ってることは違うが、でもうれしい。好きな人も好きだった人も、好きじゃない人も、いつかこのクソブログを読むかもしれないという思いは、オレの死後も永遠に留保される。

抗不安剤を追加でのむ。寝る。

01月18日(月)

金曜日に深酒、土曜日に追い酒、日曜日は終日死亡、といういつものアル中を行動規範に従ってしまう。日曜日は死亡しているのでお酒を飲んでいないので、初級者の行動である。
やっと酒が抜けた頭。胃袋はまだ砂利が詰まって居るみたいだ。気持ち悪い。仕事か。スマホのアラームを止める。身体が動かない。二度寝する。目を覚ます。出勤限界まであと15分、危険です!とエヴァ風の状況説明が頭の中にきこえくる。伊吹マヤ二尉、おちつきたまえ。仕事なんて行かなくても死にはしない。だって、オレはいま幸福だ。不幸になる必要などない。不幸になどはならない。不幸にはならない。オレが不幸になるなら世界ごと滅びればいいのだ。

なんとか時間ギリギリに布団から這い出し勤務開始する。月曜日の退屈な定例をリモートアンドミュートという完全に自由時間にして気分を上げる時間にする。開発部の部署横断雑談会では、浦野さんがノリノリで話している。元気な女の子である。元気の女の子は好きだ。まるでオレは15歳じゃないみたいだ。やれやれ。浦野さんが空気を読まずに話し続けているのを聞いて気が滅入る。いいんだけどね、いいんだけどね、好きなんだけどね。ただ、ちょっぴりオレが死にたくて、そのそのテンションが気に障ったんだ。浦野さんのせいじゃない、オレのせいだ。すまない。そのうちやっと冷静になって、オレが自分がイライラしていることに気づく。お腹捨て居るかな? ちがう、お腹には砂利がつまっていて食欲はない。そうさ、朝のクスリを飲むのをわすれていたんだ。オレは空きっ腹にお茶で抗うつ薬抗不安剤気分安定剤を流しこむ。これで大丈夫だ。

退屈な定例がおわるとホッシーとのペアプログラミング大会である。ホッシーも体調を崩しているらしく、やる気がでないとのこと。ぽつりぽつりと会話を交わしながら、画面越しに一緒にコーヒーを飲む。喋り続けなくても良いのは楽なペアである。ホッシーな脈絡もなく防寒対策のカーテンを買おうと思っているんですよ、という。ほう、オレも隙間風には一考を案じている、どのようなものだろうか。オレは興味を持って食いつく。
基本的にはシートのようなものをカーテンの間にいれて、空気の壁をつくって直接冷気を室内にいれないシンプルなものだ。シンプルだがなるほど、効き目がありそうだ。ホッシーは「何種類かリンクをおくられてきて、どれをかおうかなあと」いう。オレが誰から送られてきたのかときくと、どうやら元カノから送られてきたとのことで、とても良いのでぜひ購入したまえ、というレコメンドらしい。なるほど、円満な別離ってあるんだよな、そういうことだよな。カレシ彼女が別れたと行って友達ではあると、そういうもあるんだろう。まあ、いいや。この個別の事案を一般化してオレの恋愛体験を向上できるとも思えない。オレはスタンダールしか読んだことがないために混乱しているのだろう。いや、別の角度からみればこれもスタンダールの恋愛論と同じことなのだろうか。オレは視点移動を試みるがうまくいかない。視点移動ができない体質なのだ。やれやれ。
「そういえば、カーテンを自動開閉するスマートデバイスは貸してくれるんですよね? 着払いで」とホッシーがいう。オレが使わなくなっていたので貸してよければ、そのまま使ってもらおうと思っていたのだ。「いいけど直接もってこうか? オレもちょっと遠出したいし」
するとホッシーが慌てて否定する。「いや、いいです。会いたくないんで。コロナだし。いや、kow さんだから会いたくないとかじゃなくて、誰にも会いたくない、家族にも」
言っていることは別におかしくない。でも明らかに怯えた表情をしていた。オレのなかでいろいろなことがダメになった。割れた? 壊れた? 砕けた? そんな感覚とはちがう。オブラートがすっとお湯に消えていくみたいに何もなくなってしまった。最初からなかったといえばなかったように見える。
ホッシーとオレのペアは気を遣わなくていい。ギクシャクしない。オレはいったい今まで何を期待してペアプログラミングしていたんだ?

早退する。風呂にはいって簡単なごはんをたべる。お酒をのむ。クスリを飲む。眠剤抗不安薬。死にたくない。

01月15日(金)

身体が動かない。前日「のい」さんとガタリラカンの話をして身体が薬物的にも動かない。でもいい。

自分を追い込む、勤務時間ぎりぎりに開始する。今日もホッシーとのペアワークだ。疲れ切っているせいか、勃起もカチカチにはならない。アマ勃ちしかしない。アマ勃ちなのにお汁はでるのだから人間って言うはへんな機械である。アクセルを踏んでも加速しない乗り物とかそんなものだろう。そこの二元論を深く問うつもりはない。オレは人間やってない。むしろ装置ならそれでいいのだ。

今日はホッシーもやる気を失っているようで雑談8に対して仕事2である。パーキンソンの法則である。仕事が予定以上に順調だったために、がんばる要素がないのである。オレはやめればいいとわかっていもてホッシーに元カノの話をする。元カノは新しいカレシをみつけて付き合っているらしい。しかしなぜか、元カノが今日ウチに遊びにきて泊まっていくといっている。オレは目を点にしながら???となる。仕事で東京に来る用事があって、宿をとるのが面倒なのでホッシーの家に泊まるそうだ。それは……あの……あれですか。深く考えるのやめる。犯罪はいけないが倫理観の話はどうでもいい。正直、オレに倫理観があるとは思えない。だけどオレの未熟な性的好奇心がどきどきして収まらない。別れたあと友達になったら泊まりにいくのは変ではないに違いない。だって友達だもの。元カノのカレシもカノジョが友達のうちに泊まるという自然な行為を止めることもできない。呼吸があらくなってパニック発作をおこしそうになる。イージーイージー。紙袋を口にあてて、酸素濃度があがるのを防ぐ。
三者ともそれを知っていているとしても、いかにもドライである。信用しているしていないの問題ではない、これはドライだ。ドライの本質だ。世界はドライだ。倫理ですらない、道徳ですらない。ただの肩肘をはらないコミュニティなのだ。

オレはオレがホッシーに抱いて隠していた気持ちが馬鹿らしくなる。強烈な倦怠感がオレを包む。

オレは午後休を笹野マネージャーに申請する。そして布団に入る。布団にはいれば何も起こらない。核戦争も隕石衝突も起こらない。寝る。
17時に目を覚ます。オレは泣いている。オレが神さまになった夢だった。誰を殺そうと、世界を破壊しようと不条理を敷いても当事者たちは神のおぼしめしといった。オレは去る価値もない場所にいる。泣いた。

起きる。風呂に入ろうとしたが鬱がひどすぎて手がでない。三角コーナーに入っているようなゴミ料理をつくってハイボールを飲む。お酒を飲むと鬱は外向性のベクトルをもちはじめる。自傷ではなく他害に向かう。このぐらいがちょうどいい。性的に狂っていて、正常な判断ができない気狂いのオレは、はやく自分自身を殺すべきだ。
さようなら、オレ。クスリをロックのウィスキーで流し込む。