去人たちを作れなくなったうつ病プログラマーの地方生活日記

創作に絶望すると、世界が反転した日記

9月9日(水)

生きていることが不快になった。目が覚めたのは五時。かれこれ床に就いてから一二時間。現実味のある気味の悪い夢が頭の中に残っている。地下駐車場、熟女風の娼婦、モブの視線、夢精をともなわない勃起すら伴わない性的なやりとり。目が覚めたときに自分の陰茎が存在していることを疑ったほどだ。それはただぴょんとしていて、乾いていて粘液もでていない。性的人間としてこれは大いなる気付きである。オレは何かが不十分であるときに、必要十分とは何か?ということを考えられるようになる愚かな生き物だということを。

ウツすぎるわけではない。ただぼんやりしている。そして何かの衝動にかられて仕事を始める。内発的動機といえば聞こえはいい。たぶん、ただしくは代償行為としての仕事をする。精神分析的にはそういう言葉が誰だって好きだし、そういう風に書いてあるのを期待する。あたりまえだ、この時代、わざわざ当たり前のことを書いて何が伝わるというのか。本当か嘘か、それ以前に伝わる温度差があるか、ないか、その差分、デルタ量の話である。笑いもそうだと誰かいっていたではないか。そんなことをいっていた誰かにすごい親近感を覚える。
シデムシ隊のチームビルディングをリードする。リードするのは好きではないが、見本になってみようという気はする。オレがこれまで先人たちを真似てきたように。真似られるというのは生半可なことではない。コピーのコピーが劣化していくようにコピーされる側にとっては手が抜けない。悪意のある誰かが「起承転結」が必要なのだ、という嘘をねじ込んでしまえば、それが真実になってしまうことだってある。いままでは神さまがいた。いまは神さまがいない。コピーされる側もコピーする側もコピー能力が問われる。オレはデリダような態度を取ることはできないと自認している。正しさを担保しない以上、開放性を担保するしかない。相互比較、相互参照、相互議論、相互理解可能な解放された考えのなかで自分のやっているポジションを明言し、その解釈の自由度を受容者に明言するのがオレができることだ。アジャイルスクラム開発のプラクティスもその解釈の幅において自由であることを常に前提として実践するし、問いかけるし、必要に応じて伴走する。サーバント・リーダーシップでもないし、キャプテン的な視線誘導でもない。主体はチームのメンバーにあり、それに寄り添い伴走することだ。結果がどうあれ、彼らが走りやすいことこそを第一義とする。何年も前、フルマラソンを走って思ったのは、伴走者のありがたみである。オレは周りのペースに飲まれて目標記録も達成することはできなかった。断続的に、なぜ走るのか、と問いかける存在で、自分がいまどのようなペースでは知っているかを客観的に知らせてくれる存在、伴走者がいれば結果は変わったかも知れないと思う。たった一つの自我なんて本当にゴミ屑みたいなもので誤った判断に気づくこともできないし、正しいと思ってしまったことについてはとことん正しいと思い込んでします。まったく安全性のない意思決定システムである。

仕事が終わるとそのまま布団に倒れ込み、寝る。

9月7日(月)

いやなことがあると、忘れようとして仕事をしてしまう。そして土日はいつものようにずっと寝ているる。傷口をほじくり返されているみたいな不快感。自分を責めるのは得意。しかも必要以上に責めるのが得意。遺伝的素因、環境的素因がどうあれ、生まれてきてすみません、という無意識の前提は変わらない。誰かに許されようと、認められようと、ある時点において均衡が保たれるだけで、ただそこにいるだけのオレはつねに生まれてきてすみません。力と力で均衡し緊張感を持った水平は、いずれ無秩序になる。エントロピーの法則とはそういうことだ。生まれてきてすみません、でもそれが自然なことなのだからと受け入れるほかない。

今日も仕事に打ち込む。土日で脳細胞は死んでいる。コーヒーを飲んで無理矢理まわす。社内勉強会の資料をもくもくと作っていたがやっとできあがる。成長のための投資ができる環境にいるなんて奇跡だ。もちろん快く思っていない人もいるだろう。でも、今の会社に飼い殺しにされるぐらいなら叱られて解雇されてもいい。いま、会社の価値は社員に成長できる環境を用意できるかである。会社としてはその社員の成長を通じてビジネスを成長させられるかどうか、という基準で採用を進めている。気づきを得てプロセスを変えられるスキル、環境の変化に応じて自分を変えることでチームを成長させることができる人材がもっとも大事だ。正しいことがいくつもある、あるいはほとんどない複雑な現実界において、変化を受け入れられなければ中長期的には価値を生み出せない。
昔までは組織を作る人はハードウェアと考えられていた。与えられたモデルを達成するために高スループットをたたき出す性能が評価された。組織は一種の超精密集積回路を作ろうとしていた。しかし、勝ち筋のモデルがコロコロと変わるようになった現在、人がハードウェアであると仮説検証型のモデルのボトルネックになってきた。そこで人がソフトウェア化が求められるようになる。環境を正しく理解し、柔軟に変わることが出来る人材だ。そのためには自分を「わかる」必要があり、世界を「わかる」必要がある。そして「わかる」ということを「わかる」のはとても難しいという前提を知っていなければならない。オレもよくはからない。ただ存在と時間は分厚いからきっと難しいことがあるんだろうということぐらいは分かっている。
会社の勉強会が終わると一段落。むしろ次は何をやるんだっけ。コードも書かずにこんなことをしていたらまたどやされる。運用保守。運用保守。明日のためにバグフィックス対応の予定をいれて退勤する。

仕事をあがったがやることはない。虚無。生きるのめんどうだなあと思う。あれほど躁気味だったのだ、ウツになってもしかたない。生きてて楽しいことってなにかないのだろうか。頑張って生きてみたら、きっと生きてみたい生きがいみたいのができるんだろうと、のんべんだらりとやってきてもう何年たったろう。ゆっくり首を絞められているみたいだ。強烈に死にたいわけでもなく、ただ生きているのが面倒だなあという程度のけだるさは、あらゆる生命にたいして申し訳なくも思う。オレはほんとうにダメなヤツだと思う。ダメなヤツでも死なないのは、本当にダメなヤツだと思う。そういった後ろ向きの考え自体が作られたものであり、それに洗脳されておるのだ、けしからん、というヤツもいる。お気楽なヤツらである。そんなのは知っている。オレはオレの考えをわかっていない。論理的だとも思わない。生まれてきてすみませんという、あたかも生得的な厭世的パーソナリティを備えておりそれは修正することが不可能だ、ということを、オレは事実誤認だとわかっている。オレにはその誤認が最後の救いで、その誤認を誤認だと認めてしまえばあとはあまりにも人間的で実存的な課題に直面するしかない。寒い夜に「夜と霧」を燃やして暖をとったオレにとっては生きることも死ぬことも何も真剣に考えたくない、やろうとやるまいと死にはしないがやらないと厄介なことになる冬休みの宿題と同じ。オレは夢の中で死ぬときいつも後悔する。

寝る。

9月3日(木)

なんとか起きて風呂にはいる。頭がぼんやりしている。脱衣所で服を脱ぐと年配の男性に声をかけられる。いつもこの時間におられる男性で何度も顔は合わせているが話したことはない。
「昨日の夜遅くにテレビみました?」
最初、どういう趣旨の質問か理解できない。寝ぼけて全裸になり、これから風呂にはいろうというオレになにを聞いてきたのだろう。なんか、テレビで話題になるようなニュースでもあったのだろうか?
「テレビもってないんでわからないですが?」
男性は不満そう。
「六階に住んでいるkowさんですよね?」
相手はオレのことを知っているようだ。ん? オレは察せない。
「夜になるとみんな寝静まってるでしょう。だから音には注意してほしいんですよ」

 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。周辺の部屋に誰も住んでいないのですっかり無頓着になっていたが、窓を開けてるとそりゃあ夜は聞こえるよな。全裸でぷるぷる震える。よりにもよってあんなエッチな動画みてるのバレてるじゃああああああん。いやだあああ。あれだけは人にしられていはいけないんだあああ。エッチすぎる。オレはとにかくしゃにむにあやまる。相手があんな、エッチなのはダメですよ、と突っ込まれるのだけは絶対にいやだ。すみませんすみません、いきててすみません、うまれてきてすみません、エッチですみません。本当にはやいめに指摘していただいてありがとうございます。これが管理人さん経由でしらされるとなったらもう二度とお天道様の下を歩くことはできませんよ。あわわあわわ。穴があったら入りたい。アナルがあったら本当に入りたいぐらいである。ちかくにあるけどさ。いやそうじゃなくて。ごめんなさいごめんなさい、いきててすみません、死にます今に死にます。だからゆるしてゆるして。マジで直接いってくれてありがとうございました。ゴッドです、仏です、神です。ありがとうございます。ありがとうございます。
オレの挙動不審に相手の男性も面食らったようで宥めてくる。ま、まあ気をつけていただければ。わたしもよるはね、気をつけてイヤホンでテレビみてるのですよ。はいはい。わたしもエッチなやつはぜったいにそうします、そうします。エッチなのはいけないですから。ぜいぜい。
その場を逃れて浴室へ。シャワーあびて浴槽へ。溺死したい。いますぐ溺死したい。ここで溺死したい。だが、断る。オレは自分がちょっとどうかしていることに気づいて、あえての座禅である。昨日のヤツはそんなにエッチではないし倒錯度も低かった、大丈夫。無心になるのだ、無心に。ぜいぜい。呼吸がおかしい。オレ、パニックになってるじゃん。のぼせ溺死する可能性に賭けたが溺死はせず、風呂から上がる。着替えて脱衣所に来る。「もう、二度とこの時間に風呂にはこれませんよ~。にこにこ~」といってでる。オレはどうかしている。

嫌なことを忘れようと仕事をはじめる。がむしゃらにやる。すると仕事でもミスする。百パー自分に瑕疵があるミス。バグや手戻りなどの技術的な問題ならなんとも思わないがパーソナリティの面での失敗。ブラックユーモアばっかりいっていたがやはり空気を読んでなかったオレの問題。gonzouさんやにちのさんにも何度もお叱りを受けたヤツ。「今は真面目な話だから」という趣旨の批判である。殊勝を装って反省の弁などを弄してみるが、死にたい、死にたい、自決さえてくれ。同じ失敗を繰り返すって客観的にみても救いようないじゃん。だからさ、救えないなら死ぬか、誰かに殺されるかそれしかないじゃん。頼む、介錯をたのむ。せめて最期はひと思いに苦しまないように。あっ、すみませんすみません、オレなんかが苦しまないで死んでいいわけなかったですよねすみませんすみません、などと謎の弁解をはじめてついに同僚から救急車呼びましょうかと気遣われる。死ぬたい。

仕事が終わる。いつの間にか日が落ちている。落ちきっている。月がでている。狂喜の月だ。
執筆作業をし、クスリをのんで寝る。死んでない。こんなクソみたいどうでもいいことで死んでたまるか。

9月2日(水)

スヌーズとの戦い。眠い。うつ性のけだるさがないのは救い。なんとか気合いで起きる。今日はキモサベにどうしても会いたくて午前休。タンブルウィードに行く。

朝一だと、女将さんも厩舎のお手入れでてんてこ舞い。どーも、おはようございます、キモサベを出すので馬装しちゃってね、という慌ただしい感じ。そしていつものゴルゴ先生の突然の登場。ゴルゴ先生はどこかに隠れていて、オレが夢中になっているときに表れてわざと脅かしているのだろうと思っている。無骨なあいさつがまあかっこいい。ゴルゴ先生につれられてキモサベが厩舎からでてくる。久しぶりの初恋キモサベ。きゅんきゅんする。洗い場でつながれたあと、おはようとあいさつをしてさっそく、筋肉質の身体をさわさわする。がっしりしててかっこいいなあ。なにさわっとんねん、という表情でキモサベが見返してくるが真っ黒い目玉がくりくりしてかわいい。首にしがみついてぎゅーっとしたくなるが、がまんする。まず、ぬれタオルで顔を拭いてやる。左右の目ヤニをふきふき。真ん中の鼻筋をふきふきするが、ここだけはキモサベがいやいやする。警戒心が強い動物だし、たぶん中心線となる部分は死角になっているのかもしれない。しっかり横について、自分がいることを認識させて、ふきふきすることで心配ないサーをアピールする。ブラシで全体を綺麗にすると鞍をつけて、頭絡をつける。はあはあ、30分近くたっている。でもキモサベがかわいいから許す。おやつにもってきた、バナナを一本あげる。相棒きょうもやっていこうぜ。
レッスンは間が開いていたので最初はまったくキモサベを呼吸があわない。というより、オレの独り相撲。キモサベは馬上でばたばたしているオレがなんの指示を出しているかわからなくて、ぼんやりと進んでいる接待乗馬。あかん。オレとキモサベの赤い糸が切れてしまう。ゴルゴ先生の指示は、つま先に力をいれるのではなくて、かかとに体重をかける。「わたし、かかと固いんですよ。うんこ座りもできなくて」と言い訳じみたことをいうと「いや、そうじゃない。力をかけるところがまちがっている」ときっぱり。どきどきして心臓爆発しそう。100%まじりっけなしで否定されるってなかなかない。怖い。でも、ゴルゴ先生のキャラクターとしては正解。自信があってしかもこれまでの指示は間違ったことがない。オレは言い訳してごめんなさいと内心しょぼくれながら、指示を信じてバランスを崩してもいいからトライする。上半身の力が抜けている、肩の力が抜けている、手綱が張っていること、両手は蔵の前において動かさない、キモサベに進路を指示するのはコーナーの手前から、呼吸をおおきくして全身のちからをぬく、軽速歩は股関節、ふともも、ふくらはぎで立つ、上半身でむりやり立つことをしない、キモサベの足並み、突き上げ、しゃがむときに足で抱え込んで速歩の合図を送り続ける。完全に頭がパンクする。いまのメイン課題はかかとを下げて立つ、ということだ。「1つ1つ上達していければいいですよね?」ときくとゴルゴ先生がいう。「同時にやることに意義がある。結局は馬と人が互いに楽に乗れるためのスキルであって、1つできたからといって乗りやすくなっているものではない」。なるほどなと思う。オレは問題を統治分割法によってシンプルにして解決しようとした。一方で、その分割された課題は他の仕草と結合することによって価値を生み出す。小さいタスクと継続的インテグレーション、と理解した。小さいタスクにしてそこだけに集中しているとする。でも結合したらエラーになった。これは大きな手戻りである。小さいタスクに注力しつつ、継続的インテグレーションすることで失敗も小さくしてより巨視的な視点で価値を後戻り少なく着実に成長させていく。どの体験としてコーチングはそのように体得される、というのを思ってこれは深い知見だなあと思った。

午後は仕事。シデムシ隊は前衛の丹波さん、浦野さんペア、後衛のオレというスリーマンセルをとることになった。しんがりはまかせろ。オレは笹野マネージャーがはいってこさせないように、チーム自発的に追い立てる。笹野マネージャーがらいわれるまでもなく自チームで外部の状況を判断し、コミュニケーションをとり自分たちで判断し、共有する。どうだぐうのねもでなかろう。はあ、オレはしんがりか。また、損な役回りだけど、逆にいえば後門の虎さえいなしていれば、自由に作業ができる。チームビルディングやチームの成長につながりそうなアイデアを準備して提案できるともいえる。ここはポジティブマインド。

夜はエクリプスの打ち合わせ。プロット原案者である行方さんのブラッシュアップが終わっていないので今日は短い連絡会だけ。なにやら、ラーメン大好き河合さんが服の整理をしているらしく、むずかしいブランド名が飛び交っている。行方さんも服飾関係に詳しいのでついていけない。つねに一張羅のオレはだまって聞いている。そして服で身を守ることなくなったなあ、とも思う。十二歳のころは肌を出すことがまったくできなかったけどいまでは全裸で外にできることもできそう。合法ならだけど。
ついでに、簡単な非機能要件を確認しておく。配信プラットフォーム、拡張性、移植性、耐障害性、保守性、コスト。インセプションデッキを具体化する形だ。そもそも全員がイメージもっていたことだけどすりあわせる形。さくっと提案がでる。これに適合する技術選定をしないとな。

打ち合わせがおわって、少し執筆作業。気分はのらない。でもキモサベがかわいかった。回想の中でも愛でたい。それだけでもする。
お酒をのんで寝る。

8月31日(月)

土日は寝だめ。朝昼晩ずっと寝ている。空腹で目覚めてごはんをたべて直ぐに寝る。日曜日の昼ぐらいになると、頭痛がしてくる。手足がしびれて脳もしびれている。意欲も低下してくる。死にたくなってくる。まるで急転直下の地獄巡りである。ウツのなかでももっとも深刻な、自殺する気力もないほどのウツである。毎週土日はこれをやっている。布団の中で病弱少女のようにキモサベに会いたいなと思う。大きくて頼りがいがあって優しい左目と狂気の右目をしたキモサベはオレにとって久しぶりの初恋である。性欲も多少はあるのだけど、半勃ち程度の欲情である。やはり馬さんと人間の間において倒錯を阻害するなにものかがある。キモサベはめっちゃイケメンなんだがなあ。筋肉質のあの身体早く触りたい。顔をごしごし拭いてやるときに嫌々するそぶりにはやく会いたい。オレは布団の上で、指を動かすことすら難儀しながら思う。一日二〇時間近くねて、それが続くと夢も変な夢ばかりになる。能力者バトルに巻き込まれている。SCPみたいなヤバいヤツでオレはモブ。SCPはスキャナーズのアレで、頭を爆発させる。オレたち能力者モブは全員でSCPを殺害しようとするがやられていく。オレが死を覚悟して目を強くつぶる。死までの時間の長いこと長いこと。目をつぶって真っ暗な世界でずっと停止する。目を開けると目覚めている。目覚めても死後の世界みたいなものである。残酷。
あやが、オレを連れ出してくれる。たまにはポタリングにでもいってきなさい、デコ助。歯も身がかない、上をサイクルジャージに着替えて下は短パンのままポタリングにでかける。ずっと横になっていたので地球が丸いことがよくわかる。平坦をはしっていてもなにかバランスがとれない。ふらふら。羊鳥ヶ岳を周遊して岬へ。ちょうど、陽が落ちる。赤いそろいのワンピースをきた麦わら帽子の中国人少女が二人。夕陽を背景に写真をとっている。あまりにも様になっているのでオレも遠くから写真をとらせていただく。後ろ姿なので怒られないだろう。頭まだ現世に帰ってきていない。暗くなってきた道をそこそこ追い込んで帰る。

土日が腐っていた。月曜日は睡眠たっぷりだがメンタルがゴミ。むしろ仕事でゴミだったことを忘れようとする。公私のバランスが崩れ始めた。シデムシ隊はしんがりを自認していたが運用保守と機能開発の挟撃にあった。人的リソース不足なので機能開発なんてやめてくれよ、といいたいが走り出した欲望の列車は止められない。運用保守を犠牲にして機能開発か? 機能開発と運用保守のバランスか? 前者はプロダクトを緩やかな死に追いやる。後者は、オレたちは緩やかな死に追いやる。スイッチングコストのデメリットを甘く見すぎなのである。シデムシ隊のメンバーのうち一人を犠牲にして、のこりを機能開発に注力させる、選択肢しかない。それか本気で機能開発をやめろと抗議する。ここは一人を生け贄にするのがおそらく長期的に見てよい。機能開発はさまざまなステークホルダーがいる。そこがうまくいけば社内の信頼が得られる。信頼銀行に信頼というかけがえのない資産を預けられる機会でもある。正しいやり方ではないとおもうけど。リソース不足はチームのせいではない、プロジェクトマネージャーにはっきり突きつけるのが正しい。オレたちのやり方は間違っている。でもそれを止めて機能開発をとめてプロダクトは生き残れるか? オレたちの責任じゃない。それはそうだ。でもプロダクトは切羽詰まっている。その程度のリソースマネージメントも出来ていない組織、いずれはダメになる、というのも分かる。でもオレたちは最後の最後までダメになるまでやる。プロダクトオーナーとともにチームが成長し,プロダクトが成長するというストーリーは共有できているのだ。ドライブするパワーがあれば変わる可能性はある。妄想だけど。オレは絶望の選択肢をする。オレが壁となって丹波さんと浦野さんから煩わしい運用保守から守る。それぞれのスキルをみると、それしかなかった。なんでオレが犠牲にならんといけないのか。まあ、そういうのもありか。

仕事おわり、呆然としてポタリング。涼しくなってきた。羽虫たちが飛び交う。マスクをしないとむしゃむしゃしてしまうので要注意。のんびりのんびり、ぼんやりと山道をはしる。誰もない林道、虫の鳴き声、月。ぼんやりとペダルを回すのがこんなに贅沢なことだとは思わなかった。

風呂にはいって、千切りキャベツと蒸しささみでサラダを食べる。ポタリングのせいか、穏やかな気持ち。お酒を飲みながら執筆作業。クスリを飲まずに寝る。