読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

本日の勉強

チャーチ=チューリングのテーゼ

ディレクトリの走査とか再帰でやると深くなるから非再帰で書いたりするよね。
再帰関数は非再帰関数に書き換えられるし、その逆もできるんだけど、
これチャーチ=チューリングのテーゼっていうんやね。

DES/AES/RSA

共通鍵の DES / AES は鍵の交換自体がむずかしい。
ドイツのエニグマも暗号アルゴリズムが高度だったとしても、エニグマ暗号機が奪取されてしまっては意味がないっていうのと一緒。
公開鍵方式の RSA とか素敵。暗号化鍵と復号化鍵がそれぞれべつになっている。公開鍵は誰に見せてもオッケー。共通鍵の要件としては公開鍵から秘密鍵を推測するできないこと。現在の RSA素因数分解をもとにしている。
暗号化については、暗号化を作る側と解読する側がしのぎを削っている。
暗号を作る側は数学的な根拠で、簡単に解けないことを証明することで暗号の強度を保証する。
量子コンピュータ素因数分解がやばいので、現在の RSA 共通鍵方式は破綻するというのは都市伝説かどうか……