去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

ヤマさんは大変なものを作っていかれました

最近ヤマさんといえば、その名は五大陸に響き渡るトップアニメーターぶりであり、微笑ましい限りである。
先日、ヤマさんと飲みながら、「アニメ業界って...」といつもながら絶句しておりました。
ヤマさんは鉄腕バーディーについて、ひどく苦労しておるらしいと愉快にお話いただき大変興味深いと思った次第だ。
彼らはアニメを愛しているんだとか、誇りを持っているなんてことをいうつもりはない――そういう美化は今もっとも慎まれるべき状況にあるようだ――のだけど、彼らはその製作の中で彼らなりの“確信めいたもの”があるように感じる。

技巧、モチベーション・熱意・精神力、技巧に対する思想、作画の芸術性、コマの引用能力……あたしはいろいろなキーワードを作りながらアニメ製作を語る臍を探そうとしてみたが今のところこれという臍は見つかっていない。
ちなみに、あたしがこのようにキーワードを探すよりも前に真っ先に思いついた、アニメ製作現場にへそはない、外部にそれは存在する、という思いつきは今のところ保留しておく。なにせ、今のところあたしは13歳なのだから、そんなにいき急ぐ判断を選択するようではあたしの13歳性に不整合を来たすことになる。

では……あたしはできるだけ権威のあるアニメから何かを感じなければ……何かを見出さなければ……何か思わなければ……
でも……こんなこといっちゃいけないのかもしれないけど……あるいは自分の無知をひけらかすことになるのかもしれないけど……それらの権威あるアニメとやらはあたしをこれまで以上に自由にさせてはくれなかった……あたしをパブロフの犬にしてしまうことは簡単にできたみたいだけど。Haha! 脊髄を発達させた人類は近い将来大脳あたりを萎縮させ延髄あたりを肥大化させることだろうと思うわけだ。

ところで、押しも押されもせぬ若手アニメーターのヤマさんが去人たち用のアドオンをあたしが泥酔している間に、作ってくださった。若い世代の活力とはこのようにすばらしいわけである。

ダウンロード:http://k2c.info/kyojin/modules/mydownloads/visit.php?cid=5&lid=24
インストール:ダウンロードしたyama_sample.xp3ファイルを、吉里吉里去人たちのaddon/chara/ ディレクトリにおいてください。メニュー画面の リソース > キャラクター > yamaシステム が選択できるようになります。

ご意見・ご感想をいただければヤマさんもきっと喜びますよ!