去人たち開発ブログ

同人サークルK2Ceeが去人たち開発についての記事を掲載してきます!

VS2005.NETで何をやるか考えてみた

企業ならマーケティング戦略があって、これが売れるためにどうするかみたいな話を必死でする。
わたしも、マーケティングの特別講義を受講したとき、うへー、企画っておもろいどーと思ったものだ。
R&D部門ってだいたい、気概あふれた技術者ばっかりだから、なんでもつくってみせる!っていう意気込みである。
んなもんで、市場の要求をきいて、こ、こら厳しいで! んでもやったるで!
みたいなものが、もう毎日毎日。
でも、よく考えたら、毎日が新しい楽しい開発である!


去人が自閉症になってから、結局それは私たちだけの戦いになってしまったのた。市場に挑戦状をたたきつけるようなものにできる目算はまったくたたなかったし、そういったことよりも、わたしたちにもゲームはつくれるはずだ、というのが最大の目標であった。
いわゆる、なんにもしらない、ズブの素人だからして、まずは完走することが目標なのだ。


こうしてありきたりなノベルゲーを作っていると、どうしてもこのコミュニティーが狭いことを残念に思う。
誰でもがゲームをつくれて、誰もが表現できるものが望ましいと思う。同人がこれ以上発展してほしいし、草の根から本当にすごい作家が出てきてほしいと思っている。ノベルゲーでも、もう直木賞芥川賞におとらない作品を出してほしい。群像で新人賞をとっていることが必要で、そのあと、コンスタントに作品を書き上げている、とかとか…、そういうのとはちょっと違った荒削りの傑作こそが、こういった草の根から出てくるはずだ!と思っている。普通の人は、大概最初の作品に、大衆が敬愛する人間味あふれる失敗を織り込んだ作品を作る。


PCユーザが開発に参入を補助するツールとして、NScripter吉里吉里はノベルゲーの敷居をだいぶ低くしたといえる。
これは大きな進歩だ。
このあたりにビジュアルエディタをつければ、最高だ。統合開発環境スクリプトを記述し、プレビュー画面でリアルタイムに動作確認できる。クイックウォッチとデバッグ。さらに、画面から画像をドラッグアンドドラックしながら操作できる直感的なものほしい。画面を操作して、スクリプトコードを書き出す。
AdobeGoLive のイメージだ。
あとは、エフェクトエディタもほしいところだ。
さらに、この開発環境はマルチプラットホームで動作するのが望ましい。
もちろん、ゲーム本体もマルチプラットホームだ。


こうなると、基本構成は決まり!
C#2.0 + SDL + Mono で作るのだ!
というわけで、だれか本格ビジュアルノベルツクールキットを、つくりませんか?